浅倉歯科医院|東広島市バリアフリー往診可能な歯医者さん サイトマップ

バリアフリー・往診可能な歯医者さんバリアフリー・往診可能|東広島市浅倉歯科

広島県東広島市高屋町造賀3595-2 TEL 082-436-1000

全て浅倉歯科医院はバリアフリーなので車椅子での通院が可能です。自宅への往診も可能です

浅倉歯科医院パソコンご予約
浅倉歯科医院

往診について|浅倉歯科医院

診療案内|浅倉歯科医院

パソコンご予約|浅倉歯科医院

お問い合わせ|浅倉歯科医院

インプラント|東広島市浅倉歯科医院

お気軽にご相談下さい|浅倉歯科医院もしも歯を抜いたときに あなたはその後どうしますか?
放置しておくのは良くないと言われています。
何故でしょう?
歯はお互いに押し合っているからなのです。
だから、1本の歯を抜くとその前後(左右)や噛み合う相手の歯が動いてしまうのです。

では、どうやって歯を作りましょうか?
大きく分けて 3つの方法があります。

ブリッジ

ブリッジ浅倉歯科医院昔から多くの歯医者はこの方法を選んできました。
この方法では前後の歯に固定するので入れ心地がいいのです。 しかし、最近では大きな問題がクローズアップされてきました。 たとえその場所の歯を作るためとは言っても 虫歯にもなっていない前後の歯を削らないといけないのです。
それから、金属の色が見えるのも嫌ですよね。

入歯(パーシャルデンチャー)

入歯(パーシャルデンチャー)浅倉歯科医院この方法では前後の歯を削らないのでもったいないという感じはしません。
しかし、大きな欠点があるのです。
入れ心地が悪いのです。
話をしずらくなったり 食べ物が良く詰まることもあります。
それから、金属製のバネ(クラスプ)が前から見えるのは嫌ですね。

インプラント

インプラント浅倉歯科医院そこで最近良く使われ始めたのがこの方法です。
「インプラント」という言葉を聴いたことがありますか?
では、「人工歯根」という言葉はどうですか?
近頃ではよく新聞、雑誌でこれらの言葉を見ることが増えましたね。 要するに 顎の骨の中に人口の根を植えるのです。
ほとんどのメーカーは材料としてチタンを使っています。
チタンは人間の体に一番近い金属だそうです。
長所は入れ心地が抜群に良いことと 強力な噛む力が生まれることです。
短所は時間と費用がかかることです。

浅倉歯科医院では、いずれの治療も出来ます。気軽にご相談下さい。

トップへ戻る | ページ上部へ